BitMEX相場分析(2017-11-14)

BitMEX相場分析(2017-11-14)

こんにちは。BitMEXおじさんです。

今日から不定期でBitMEX(XBTUSDペア)の相場分析を書いていきます。

前日までの動きとこれからの展望について、簡単なテクニカル分析をもちいて解説していきます。

また、チャート分析していく上での考え方についても書いていきます。

 

日足

それでは、本日(2017年11月14日)の分析です。チャートを見ていきましょう。

チャートには色々な時間足がありますが、基本的に長い足のチャートから見て大きな流れを掴んでいきます。

私は毎日、月足 => 週足 => 日足 => 1時間足 を一通り見ています。

その上でエントリーポイントをなんとなく決めておき、実際のエントリータイミングは5分足を用いて決定します。

月足、週足はほとんど動きがないので記事では日足からみていきます。

11月8日の高値からダブルトップを作る形で下落し、トレンドラインを抜いてきました。

その後、日足レベルの大きな押しがあった、9月15日の安値から11月8日の高値までの上昇の半値戻し(50%戻し)あたりで反発しています。

ここは10月12日から10月末までのレンジの下限で、最高値までのブレイクの根元になった価格なので強力なレジスタンスになると予想していました。

これら2つの分析が、私がTwitterで呟いていた根拠になります。

今のXBTUSDの相場は半値戻し、倍値で反応することが本当に多いので常に意識しておきたいところです。

半値戻しのラインで反発し、2日分の下落を1日で戻しました。怖すぎます。

次のポイントは、ダブルトップのネックラインである6900あたりが意識されやすいポイントになりそうですね。

そのあたりで一旦調整が入る展開も考えられそうです。

1時間足

次に1時間足を見ていきましょう。

1時間足では、日足で見た反発ポイントあたりで2度反発してダブルボトムを形成しています。

これを見て私は全てのショートポジションを利確し、ロングに切り替えました。

その後、直近高値からの下落の半値戻しで綺麗に反発するものも、下げ幅は小さく同じラインあたりに戻ってきました。

これは大きく見るとカップウィズハンドルの形のように見えます(中にダブルボトムがありますが..)

ですので、短期的にも上昇する可能性が高いと見ています。当面の目標は6900でしょう。

RSI的にも買われすぎのラインから下落して上昇余地が見えています。

もちろんこのカップウィズハンドルの形成で落ちていく可能性も十分にあります。

どちらの展開も対応できるよう、損切りは徹底しましょう!

最後に

これから不定期で相場分析を書いていきます。しかしこの分析はあくまで私の個人的な見解です。

分析の通りに動くことは一切保障いたしません。また、私自身もこの通りにトレードしないこともよくあります。

相場は常に動いていきます。

自分のシナリオが間違っていたらすぐに切り替える判断、これが生き残っていく上で一番大切なことだと思います。

いつまでも自分のシナリオに固執していてもロスカットを待つだけです。

チャンスは何度でも訪れます。すぐに切り替えましょう。

参考になった方はポチッとお願いします!



にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

ではまた〜!

相場分析カテゴリの最新記事