BitMEXの手数料を徹底解説

BitMEXの手数料を徹底解説

ビットコインFXを利用するときに気になるのが手数料ですよね。

この記事ではBitMEXの手数料を解説します!しっかり手数料を把握して取引を行いましょう!

手数料について

BitMEXには色々なデリバティブがありますが、今回はみなさん利用するであろうビットコインFXの手数料を紹介します。

本サイトでビットコインFXと言っているのは、BitMEXではSwap ProductsのXBTUSDになります。

 

手数料一覧

Maker手数料:  -0.025%(マイナス手数用は、支払うのではなく受け取ることができます)

Taker手数料:  0.075%

Funding手数料: 随時変動

以上の手数料が取引ごとに発生します。レバレッジをかけたポジション総額に対してのパーセンテージとなります。

例えば1BTCが100万円で、レバレッジ100倍の1万円の証拠金で1BTCのポシジョンを取った時は、

この1BTCに対してのパーセンテージとなります。

 

Maker手数料とは

注文を注文板に並べて、その後約定したときに発生する手数料のことをいいます。

Taker手数料とは

すでに注文板に並んでいる注文で約定したときに発生する手数料のことをいいます。

成行決済や、すでに板に並んでいる注文を指値で購入した場合などはこちらになりますね!

Funding手数料とは

こちらはあまり見ない手数料ですね。

BitMEXのビットコイン取引(Perpetual Swap)では8時間ごとに手数料が発生します。

日本時間の5時、13時、21時、が発生時間です。この時間にポジションを持っていると手数料の支払い or 受け取りが行われます。

これは基準指数(現物取引のビットコイン価格を参照しています)との乖離を緩和するための手数料として設定されています。

それまでの8時間のビットコインとドルの金利差と、これまでどれだけ基準指数と乖離していたかなどの情報から算出されます。

確認方法

  1. Feesページを確認する。
  2. 取引画面左下のContractDetailsを確認する。

この値が-の時は買いポジションなら受け取り、売りポジションなら支払いです。+の時はその逆になります。

解説カテゴリの最新記事