BitMEXのチャートの使い方

BitMEXのチャートの使い方

初めてBitMEXのチャートを見たとき、すごい小さくて使いにくいなと思ったのを今でも覚えています。

デフォルトの表示ではチャートの画面が小さ過ぎて見にくいし使いづらいですよね。

この記事では、BitMEXのチャートの基本的な使い方やちょっとしたテクニックを紹介していきます。

TradingView

BitMEXのチャートはTradingViewというチャートツールを使って作られています。

https://www.tradingview.com/

TradingViewは様々な金融商品のチャートを表示できるサイトです。

サイトでは、色々な人の相場観が流れてきたり様々なテクニカル指標を使って分析が可能です。

機能を一つ一つ説明するとキリがないぐらいに充実したチャートツールです。

また、基本的な機能は無料で使えるので登録しておいて損はないサイトです。

そんな Trading ViewのチャートがBitMEXでは使われています。

基本的な使い方

デフォルトの表示では小さすぎるのでまずは別ウインドウに表示して大きくしてみましょう。

チャートには2種類の価格が表示されています。BitMEXでは価格表記が複数存在します。

紫色が Index Price、緑色が Last Priceです。各価格の違いはこちらの記事で解説しています。

Index Price は、ロウソク足の後ろにも紫色のラインチャートで表示されています。

チャート画面をマウスホイールでグリグリすると拡大、縮小が可能です。見やすい大きさに調整しましょう。

メニューバー

次にチャート画面上部のメニューバーを解説します。

各ボタンはこの画像のような機能になっています。ここでよく使うのはインジケータの追加ボタンでしょうか。

インジケータとは、テクニカル指標のことで、代表的なものであれば移動平均線やMACD、RSIなどがあります。

各種設定からは、チャートの色や表示内容を編集できるようになっています。

また、画面の右端にカメラのマークがあります。これを押すことでチャートの画像を保存することができます。

Twitterにチャートの画像を載せたい時などによく利用しています。

サイドバー

次はサイドバーです。各ボタンの機能一覧です。

ライン引きツールなどは説明不要かと思いますので、少し便利なツールを紹介します。

まずは、メジャーツール。これはツールを選択後、Shift を押しながらクリックすることでメジャーを表示することができます。

メジャーで測れるのは、経過時間と価格幅です。何%ぐらい動いたのか気になった時に使うことができますね。

次に、マグネット機能です。私はこの昨日はほぼオンにしたままです。

オンにしておくと、ラインツールで線を引く時に、高値や安値にピタッと自動でくっついてくれます。

正確なラインを引くには手放せないツールですね。

最後に、書き込み非表示切り替えはよく使います。

ラインを引き過ぎてわけがわからなくなった時はこれを押すことで一時的に非表示にすることが可能です。

もし、チャート自体を完全にリセットしたい!という時は右クリックから Reset Chartを選択することでリセットが可能です。

オーダーの表示

BitMEXのチャートでは、オーダー情報もチャート上に表示されます。

なお、別ウインドウに表示している場合はオーダー情報は表示されません。

ポジションのチャート表示では、損益情報も確認することができます。

もちろんオーダー中の情報も表示されます。表示されたオーダーをドラッグすることで指値価格を移動することができます。

これが非常に便利です!また、×ボタンをクリックすることでチャートからキャンセルすることも可能です。

 

いかがでしたでしょうか。意外と便利な機能が見つかったかもしれません。

チャートを使いこなしてチャンスを掴んで行きましょう!

使い方カテゴリの最新記事